廃車の色々

経費削減のいろはを学ぶ。

経費削減を極める

今すぐ出来る経費削減

 現在の社会は不況の煽りを受け、中小企業が生き残るためには少しでも多くの経費を抑えるしか方法がありません。すなわち、「経費削減」ということです。企業が利益を上げるには、一番売り上げが伸びるに越したことはないのですが、そう甘い時代ではありません。第一、売り上げを上げるにためには、顧客があり、商品があり、サービスがあり、また同じサービスを行っている企業との競争に打ち勝てなければいけないのです。そう考えてみると、すぐに始められることというのがこの「経費削減」なのです。 不況ならリサイクルトナーで経費削減からはじめて見ましょう。何故リサイクルトナーなのか、それはこれからわかりますよ(笑)

 しかし、すぐ始められるのが経費削減とはいえ、一体何の経費を削減対象として取り組めば良いのか、頭を抱えてしまう方は多いのではないでしょうか。経費削減の対象として挙げられる項目「人件費」や「水道光熱費」、「維持管理費」や「保険料」などさまざまです。これだけ多くの項目がある中、全ての経費を削減することは到底無理な話です。とはいえ、何から始めればいいのか難しいところでもありますし、むやみやたらと人件費や水道光熱費などの経費を削減することもできません。もしそれを行ってしまうと、実際の業務に支障をきたしてしまうことになるからです。それでは経費削減どころか、企業の利益の低下にも繋がるため本末転倒です。

 経費削減は、無理なく行わなければならないので、簡単なことではありません。しかし、実際はコツをつかめばとても簡単に、しかも業務に支障をきたさないように経費削減を行うことが可能なのです。当サイト「経費削減のコツ」では、それぞれ気になる項目ごとに経費削減の方法をご紹介しております。無駄に使っていた経費を少し意識して削ることで、驚くほどコストを抑えることができます。まずはリサイクルトナーのCTで、経費削減を行ってみてはいかがでしょうか?この情報が、少しでもお役に立てたらなら幸いです。

経費削減の目的

 経費削減を始めたばかりの企業は、経費削減そのものが「目的」となってなってしまうケースが結構あります。少し考えて見て下さい。経費削減を行って、利益が増えるでしょうか?売り上げアップになりますか?経費削減の目的とは、それ自体が目的という訳でなく、少しでもコストを抑えるための「手段」でしかないのです。本来の目的は、企業の財務状況を改善するためにあるのですから、この意味を履き違えてしまうと、とんだしっぺ返しをくらうことになります。目先の経費が削減できたとしても、財務状況が改善されるという訳ではありません。逆に、悪化する可能性もあるのです。

 この点をふまえた上で経費削減を行うのは良いのですが、経費削減を行う大半の企業は、従業員の考えからではなく社命としてそれを行っていることです。そのため従業員は会社の経費を削るために、無理に経費の削減を強いられているという意識を持つものが出てきます。こういった不満を感じている従業員は、結構多いのです。会社全体で経費削減を行わなければ、削れるものも削れません。こういった不満を抱えたまま経費削減を行っても、上手くいくことはないのです。

従業員としても、経費を削減するということ自体にはなんら不満はないでしょう。ただ、それを社員に強制しても意味がないというだけです。何故経費削減を行わなければいけないのか?今、自分たちの会社がどうような状況にあるのか?それを従業員にきちんと説明して、会社全体でその意識を高めていかなければいけないのです。その意識付けがきちんとできれば、本当の意味での経費削減が可能となるのです。

注目サイト

横浜の葬儀業者

当渋谷にある美容院は「池袋駅」から徒歩3分!

渋谷 美容院

日本最古の焼き物、備前焼の通販ショップです。

備前焼の通販サイト

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の葬儀場・葬祭場選びと家族葬・葬式のお手伝いはハシモト葬祭にご用命ください。

家族葬を東京でする

お子様が主人公のオリジナル絵本をプレゼントしませんか

喜ばれる出産祝いの絵本

経費削減のコツ

Copyright (C) 2008 経費削減のコツ. All Rights Reserved.
ご意見・ご感想